社会人になる前に持っておきたい落ちにくいクレカ

審査に通りやすい学生クレジットカードランキング

クレジットカード学生審査
クレジットカードを発行するにあたり、必ず通らなければならない道、審査

書類を何度も書きたくないから、審査が1回で通るクレジットカードにしたい!と思っている方は多いのではないでしょうか?

当ページでは、その中でも学生クレジットカードに焦点を当て、ランキング形式にてご紹介します。

ランキング形式のため、おすすめカードがわかりやすい!

なぜ学生クレジットカードかと言うと、名前の通り学生向けに作られています。

そのため、一般のクレジットカードを申し込むよりさらに審査が通りやすくなるんです。

学生向けのクレジットカード

それでは第1位から審査の通りやすい、学生におすすめするクレジットカードのランキングをご覧ください。

第1位三井住友デビュープラスカード

クレジットカード学生審査:デビュープラス
第1位に輝いたのは、三井住友デビュープラスカード

入会資格が満18歳~25歳まで(高校生を除く)の学生クレジットカード。

26歳以降は最初の更新時にプライムゴールドカードへ自動ランクアップ

利用限度額は学生であれば10~30万円、キャッシングリボは学生の方であれば5万円までとなっており、使いすぎ不正利用抑制してくれます。

三井住友VISAカードは審査が厳しいと言われていますが、このクレジットカードは学生向けであり、且つ利用限度額とキャッシングリボの上限が低いため、審査が甘いとされています。

初年度無料に加え、前年に一度使用するだけで年会費無料になり、ショッピング保険最高100万円が補償されます。

また通常1,000円で2ポイント付与ですが、入会してから3ヵ月間は1,000円で5ポイントの付与!

例でいうと、1,000ポイントを楽天ポイントに交換した場合、5,000円相当にもなり、ネットショッピングもはかどります。

しかし、還元率に有頂天になってしまい、クレジットカードを使いすぎるようなことはないように!

審査の通りやすい学生クレジットカード1位:三井住友デビュープラスカードの詳細はこちら

学生専用ライフカード!

クレジットカード学生審査:ライフ
2位に選出されたのは学生専用ライフカード

海外でのご利用額5%キャッシュバックという特典のあるクレジットカード。

海外旅行での傷害保険やトラブル時に、日本語で対応してくれるライフデスクというサービスもあるので、海外へ行く予定のある方にはこのクレジットカードは大助かり。

ポイントについて、お誕生月は3倍有効期間5年、そして業界最高水準のポイントプラグラムもあるため、利用額によっては常時ポイント2倍にさせることも!

利用限度額は5~30万円、キャッシングは10万円までとなっており、リボ払い、あとからリボ、そして全ての支払いをリボに変える方法の3つがあります。

名前の通り学生向けというより、学生専用のクレジットカードになっているため、審査は大変甘くなっています。

社会人になってからも年会費無料のまま継続して使用可能。

海外に行く機会がある学生さんには、三井住友デビュープラスカードより向いているかもしれません。

ANAカード<学生用>

クレジットカード学生審査:ANA
第3位はANAカード<学生用>です。

割引運賃が適用されるマイル積算率通常50%が2倍の100%、フライト毎に貰えるポイントを一定以上貯めるとボーナスマイル付与と、マイルを貯めたい方には嬉しい特典がたくさんあります。

ホテルやパッケージツアーでの優待や、カラオケや引っ越しなどの割引もあります。

利用限度額は10~30万円、キャッシングは5万円まで利用可能。

もちろん審査は大変通りやすくなっています。

学生の方であれば年会費1,242円が無料となって利用可能。

また、学生卒業後にANAカードの一般へと切り替えることで、卒業マイルと称し、2,000マイルの付与もあります。

卒業間近の学生の方は、審査も甘いため、申し込んですぐに卒業特典をいただくのもありですね!

比較ランキングも気になる方へ

クレジットカード学生審査
審査の通りやすい学生クレジットカードランキングはいかかでしたか?

基本的に学生クレジットカードであれば審査は通りやすいと思うので、審査よりはカード機能を重視すると良いでしょう。

そのため、審査の通りやすさでクレジットカード選びに悩んでいる方は、三井住友デビュープラスカードをおすすめします。

当サイトでは他にもポイントやマイル、年会費で比較ランキングを作成しているので、ぜひそちらもご覧ください。

クレジットカード比較サイトトップへ

マイレージ利用者必見!お得なクレジットカードを徹底比較!

マイルの貯まりやすいクレジットカード比較ランキング

クレジットカード比較

航空会社のポイントプログラム、マイレージ

そのマイレージによって貯まるポイントをマイルといい、航空会社によって名称が変わってきます。

日本航空のJALマイル、全日空のANAマイル、といった辺りは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

主に航空券と引き換えられることが多く、多くの方は旅行を目指して貯めているかと思います。

そのマイルはクレジットカードで貯めることができます。

クレジットカードの利用で貯まるポイントと引き換えられる場合もありますし、クレジットカードに直接貯まる場合もあります。

当ページではそんなマイルが貯まりやすいクレジットカードの比較ランキングを作成。

何百枚とあるクレジットカードの中から3枚を厳選し、比較しています。

比較する手間を省きたい方はもちろん、マイルの貯まりやすいクレジットカードを知りたい方もぜひご覧ください。

ランキングTOP3がこちら!

それでは、マイルの貯まりやすい高性能クレジットカード比較ランキングをご覧ください。

1位:アメックス・スカイ・トラベラー・カード


クレジットカード比較

マイルの貯まりやすい高性能クレジットカード比較ランキング第1位に選ばれたクレジットカードは、アメックス・スカイ・トラベラー・カード

マイル還元率は1%高還元クレジットカードでありながら、ANAなどを含む提携航空パートナー15社のマイルにポイントを移行することができます。

また、特定の航空会社の航空券や、旅行代理店の対象旅行商品の購入では、マイル還元率が3%にもなります。

さらに入会特典として3,000ポイント(マイル)の付与に加え、1年以内に特定の航空会社の航空券や、旅行代理店の対象旅行商品の購入した場合、初回のみ5,000ポイント(マイル)の付与も!

つまり、たった1度の購入で8,000ポイント(マイル)

シーズンを外せば東京大阪間を10,000マイルで往復できるので、相当な特典となります。

比較的クレジットカードには2年ほどポイントに有効期限があるなか、このクレジットカードにはないため、失効してしまう心配もありません

保険については、最高3,000万円旅行傷害保険に加え、航空便遅延費用補償ショッピング補償など、他のクレジットカードと比較してもかなり充実しています。

年会費は10,800円と、マイル還元率や付帯サービスに対して比較的優しいお値段となっているため、栄えある1位となりました。

「スカイ・トラベラー」の詳細はこちら

2位:ソラチカカード


クレジットカード比較

マイルを飛行機の搭乗でなく、ショッピング利用などで貯める方、いわゆる陸マイラーの方には持ってこいなクレジットカード。

このクレジットカードはPASMOTo Me CARDANAカード一体となっているのが特徴的です。

ショッピングなどで貯まるOki Dokiポイントの他に、メトロ乗車時定期券購入自販機や店舗の利用でメトロポイントが貯まります。

1ポイント1マイルに還元できますが、Oki Dokiポイントは1,000円=5マイルまたは、10マイルになるコースがあります。

比較すると5マイルは無料ですが、10マイルの場合は手数料が発生するので、保有ポイントが多い方は10マイルコースをおすすめします。

保険については、国内外航空傷害保険最高1,000万円ショッピング保険も海外のみ最高100万円補償されます。

年会費は2,000円となっていますが、家族カードと共に初年度無料に加え、毎年継続ボーナスとして1,000マイル(2,000円相当)が付与されるので、実質無料となっています。

その他に特定の店舗での割引サービスも多く、電車でも貯まるという点から2位のクレジットカードとしました。

3位:JALカード


クレジットカード比較

第1位、2位のクレジットカードと比較した時に、JALカードの特徴として挙がることは、マイルをわざわざポイントから移行しなくてよいこと!

基本的にクレジットカードでマイルを手に入れる方法は、貯めたポイントをマイルと交換することによって成り立ちますが、JALカードは直接クレジットカードにマイルを貯められます

ポイントを交換する手間が苦手な人は気に入ることでしょう。

還元率は通常0.5%ですが、年会費3,240円のショッピングマイル・プレミアムに入会することで、2倍の1.0%となりますし、特約店での利用では還元率が2.0%とさらに上昇します。

また入会後と毎年の初回搭乗時には1,000マイル搭乗時毎には10%加算のボーナスもあり。

JALカード家族プログラムという無料サービスを利用することで、家族間でのJALマイルを1つにまとめることができます。

どのクレジットカードと比較しても、JALマイルをまとめるためには、JALカード会員になるしか方法はありません。

保険については、国内外の旅行傷害保険最高1,000万円海外での買い物の場合は年間で最高100万円の補償がされます。

マイルが比較的管理しやすいこと、そして搭乗時のボーナスが豊富なことから、3位のクレジットカードとして選出しました。

真にマイルの貯まるクレジットカードは比較が大変!

クレジットカード比較

マイルを貯めるうえで、高還元率のクレジットカードを選ぶのはとても大事!
しかし、還元率だけでなく以下についても比較しないと、真にマイルサービスの恩恵を得られるクレジットカードとは言えません。

  • ポイントの有効期限
  • マイルへの移行レート
  • マイルへの移行上限

上記はほんの一例で、比較すべき事柄は他にも多々あります。

そんな比較項目については以下で分かりやすく解説されているので、こちらもぜひご覧ください!

マイル還元サービスの解説はこちら

社会人でないとクレカの発行基準は変わるのか

クレジットカードの学生審査基準を徹底解説!

クレジットカード学生審査基準
学生の方がクレジットカードを発行する際、一番気になるであろう審査基準

公式サイトで明言されている訳ではないので、心配にもなりますよね?

そんな心配事を抱えている学生の方のために、クレジットカードの審査基準についてお教えさせていただきます。

ちゃんと理解していれば、クレジットカードをしっかりと発行することができます!

最初から最後まで読んで、無事クレジットカードを手に入れましょう!

審査に関係する要素のご説明

クレジットカード学生審査基準
それではクレジットカードの学生に対する審査基準をご説明させていただきます。

まず、学歴はクレジットカードの審査に関与するのか否かです。

100%審査基準に関与しているかしていないかで言うならば、関与しているということになるでしょう。

ただ、基本的にクレジットカード会社は学生の申し込み者である時点で優遇します。

なぜなら学生の今申し込んでくれることで、もしかすると将来クレジットカードを使い続けてくれる可能性を秘めているからです。

今はわからないかもしれませんが、人生で一番初めに持ったクレジットカードを手放すことはあまりないかと思います。

学歴が関与する要因としては、クレジットカード会社からすると安心だからです。

一流大学に進んでいるということは、あくまで仮定になりますが、家が裕福なのではないかという想像ができます。

学生の場合、クレジットカード会社は親権者を審査基準としているようなものなので、親権者のステータスが良い方向に伺えることはプラスとなります。

そのため、学生自身については過去に金銭面での延滞などがない限りはそこまで大きな審査基準となりません。

基本的には親御さんに対して、自分の子どもが失態を犯してしまった際に助ける力があるか、という点が重視されます。

ですから、申し込む学生の方が意識する必要はありません。

しかし、個人情報はクレジットカードの審査基準として大きな要素となるので、必ず嘘偽りなく記載してください。

嘘が発覚した場合、絶対にクレジットカードの審査に落とされてしまいます

アルバイトをしていなければ年収の欄は0円として構いません

学生の年収をクレジットカード会社はあまり気にしていないのですから。

学生におすすめなカード!

クレジットカード学生審査基準
学生が申し込む際のクレジットカードの審査基準についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

審査基準についての不安が解消されていれば幸いです。

学生向けの審査の通りやすいクレジットカードをランキングにしてご紹介しているので、よければこちらもご覧ください。

学生クレジットカードランキングへ

高還元率ポイントサービスのクレジットカード比較ランキング!

ポイントの貯まりやすいクレジットカード比較ランキング

クレジットカード比較
クレジットカードの醍醐味といえばポイント

クレジットカードを利用している方の多くは、このポイントを意識している方が多いのではないでしょうか?

ポイントは商品現金といった様々な物と交換することができるうえに、1ポイント=1円以上の価値になるクレジットカードも存在します。

そのうえクレジットカードの支払いは、ネットショッピングではわざわざコンビニなどに足を運ばなくてよい、会計時小銭を出す手間が省けるなどのメリットを生み出します。

そんな便利なクレジットカード、ポイント還元率は理解したものの、付帯サービスを比較するのが大変だと感じているあなたのために、付帯サービスも比較したポイントの貯まりやすい高性能クレジットカード比較ランキングを作成しました。

ポイント還元率だけでなく、付帯サービスにも納得がいく1枚のクレジットカードを見つけてください。

比較ランキング!おすすめクレジットカードを紹介

それではポイントの貯まりやすい高性能クレジットカード比較ランキングをご覧ください。

1位:Orico Card THE POINT

クレジットカード比較:Orico

比較ランキング第1位に選ばれたクレジットカードはOrico Card THE POINT

常時還元率が1.0%高還元クレジットカードでありながら、入会後半年間はその2倍である還元率2.0%をマーク。

さらにショッピングモールサイトを経由し、ネットショッピングをした場合、0.5%の特別加算に加え、商品に最大15%のポイントが付与されるため、入会後半年間の合計還元率は2.5%以上が確約されているクレジットカードです!

楽天市場で買い物した場合は最大15%の商品もあるため、楽天カードよりもこのクレジットカードの方がお得な場合もあります。

年会費ETCカード家族カード全て無料

保険については、クレジットカード紛失・盗難によって不正使用された額を負担する紛失・盗難保障付き。

パッケージツアーやホテルの割引、海外旅行時に日本語で案内をしてくれる海外デスクも付帯しています。

驚異的なポイント還元率を持ち、ショッピング保障も付いていたため、Orico Card THE POINTをポイントの貯まりやすい高性能クレジットカード比較ランキング1位に選出しました。

「Orico Card THE POINT」の詳細はこちら

2位:REX CARD

クレジットカード比較:REX

REX CARD2位に選んだ理由としては、常時ポイント還元率が凄い!

ショッピングにより貯まるREX POINTというポイントが、一般カード平均の2.5倍にあたる還元率が常時1.25%

さらにショッピングモールサイトを経由し、ネットショッピングをした場合、Jデポというポイントが0.5%付与されます。

合計還元率は1.75%業界最高レベルのクレジットカードです!

年会費ETCカード家族カード全て無料

保険については、インターネット不正利用を補償するネットあんしんサービス、クレジットカード紛失・盗難による不正利用を補償するカード盗難保険、国内最高1000万円、海外最高2000万円旅行傷害保険が付帯しています。

保険が充実してるクレジットカードではありましたが、1位と比較した際、ポイント還元率に差があったため、2位に選定しました。

3位:RECRUIT CARD

クレジットカード比較:RECRUIT

上記2枚のクレジットカードと比較すると劣りますが、高還元クレジットカードと言われるポイント還元率1.0%悠々上回る1.2%RECRUIT CARD

ショッピングモールサイトでショッピングをした場合には、最大20%のポイント還元率をたたき出します。

じゃらんやHOT PEPPERなどがRECRUITポイント参画サービスのため、旅行美容食事好きの方にはうってつけなクレジットカードです。

じゃらんnetで予約して宿泊することで計3.2%の還元を受けられるので、旅行に行って貯めたポイントでまた旅行へなんていうのもいいですね!

年会費家族カード無料ETCカードには1000円の発行料が掛かります。

保険については、年間最高200万円ショッピング保険があり、国内は最高1,000万円、海外は最高2,000万円旅行損害保険が付いています。

旅行美容食事好きの方にはOrico Card THE POINTやREX CARDと比較しても、このクレジットカードがぴったりでしょう。

ポイントの仕組みを知れば更に還元率アップ!?

クレジットカード比較

今回は、ポイントの貯まりやすいクレジットカードを紹介しました。

このクレジットカードを利用するだけでも結構なポイントを貯められると思いますが、どうせならポイントの仕組みも知っておくべきです。

仕組みを知ることで、よりポイントに関する知識が付き、さらに還元サービスの恩恵を得られることに繋がります!

仕組みについては以下で詳しく解説されているので、そちらもぜひご覧ください。

ポイント還元サービスの解説はこちら